車をローンを組んで購入した時の話

私は18歳の時に、自分が18歳の誕生日を迎えた直後にすぐに地元にある自動車学校に通って自動車の普通運転免許を取得しました。
自動車学校に通って免許を取得する為の費用自体も有名デパートの信販会社のローンを組んで支払ったのですが、18歳で自動車の普通運転免許を取得して3ヵ月後に私は初めての中古車を地元にある中古車販売買取業者で購入する事になり、その時に車のローンを組んで50万円の国産車のセダンタイプの中古車を購入したのです。

地元の中古車販売買取業者で私が国産車のセダンタイプの中古車を購入した時にローンを組んだ際には、私が当時まだ18歳だったという事もあり、親の保証人のサインと実印が必要になり、私は今は亡き父親に当時私の初めてのマイカーとなった国産車のセダンタイプの中古車の購入時の保証人となってもらい、無事に審査に通ってローンを組む事が出来たのです。
ローンは30回払いで私は一度も返済日に遅延支払いを起こす事無く、きっちりと30ヶ月で初めてのマイカーのローンを返済しました。

当時私にとっては50万円の国産車の中古車のセダンタイプの車でも大金が必要な買い物であったので、車のローンの保証人に父親になってもらえた事はとても幸運な事で、今考えると有難い事でした。